ニュース 3
 ナメクジウオ臨海調査
次頁へ
 ナメクジウオの生存を確認

  ナメクジウオ(学名Branchiostoma belcheri Gray)は、1科1目で原始的な脊索動物で 数億年前からの生きた化石である。
遺伝子の研究によってこれが人間の祖先であることが最近判明した。
この貴重な生物は急速に絶滅に向かっている。   神戸大学、兵庫県生物学会および生物クラブのメンバー21名は兵庫県岩屋市にある
  神戸大学臨海研究所から所有のランチで主に東浦海岸の浅瀬の砂を採集、そのなかから
20匹のナメクジウオ(10-20mm)を採集した。
数は少なかったが今なお健在なのを確認した。
なおネットでプランクトンを採集、20台の顕微鏡を用いて手分けして検眼したが、プランクトンに
変わった動静は見られなかった。