ニュース 3 
2011 09 13 マルコ・ポーロと黄金の島ジパング
 
英雄を語る会 辻 雄史氏神戸牡丹園

1. マルコポーロの生涯


1254年 ヴェネツィアに生まれる。
1271年 夏 17才 ニコロ(父)、マッフォ(叔父)と東方への旅に出る。
1274年 上都(内モンゴル)に到着、フビライ・ハーンに拝謁、側近となる。(同年文永の役、大都<北京>
     の新宮殿完成) マルコはイタリア、フランス、ギリシャ、トルコ、ペルシャ、モンゴル、中国の各国語
     に通じ、外交官として各地に出向く。
1292年 イル・ハーン国王の妃にコカチン姫を送り届ける船団(14草隻 従者600人 船員数100人)で
    泉州を出帆する。
1295年 年末 42才 ヴェネツィアに帰着。25年の歳月がたっていた。
1296年 ジェノヴァとの戦争で捕らわれ投獄される。獄中で東方の旅行記を口述した。
1299年 釈放される。
1300年 結婚し、3人の娘に恵まれる。
1324年 没、70才であった。

2.口述記録

 「東方見聞録」、「マルコポーロの書」、「世界の記述」、「マルコ・ポーロ旅行記」、「百万のマルコ・ポーロ
(イル・ミリオーネ)」


・ ヨーロッパ各国語に翻訳される。
・ 印刷術が発明され、1477年ニュールンベルグで最初のドイツ語訳が完成。
・ 1492年 コロンブスはラテン語訳「マルコ・ポーロ」一部を携えて乗船し、新世界アメリカを発見する。

3.「ジパング」は果たして「日本か」

 
−交易で繁栄していたインド洋、東南アジア圏ー


・ 紀元前6世紀インドの古代叙事詩「ラーマ・ヤーナ」に東方の島として スヴァルナ・ドィーバ(黄金の島)
  や ヤバ・ドィーバ(大麦の島)の記述がある。
・ 「エリュトラー海案内記」(1世紀) 30の主要港
・ プトレマイオス(AD121−151)の地理書
 ギリシャ・ローマから東方彼方の黄金郷伝説があり、黄金島ヤバデオウはインド洋とアジアの間の大きな
 島(スマトラ?)とした。
 スマトラは金の産出量も多く、10世紀までジャワと区別せず、唐書ではスマトラ、ジャワを金州と呼んだ。
・ ジャーバ島(ジャワ島)「黄金の島」 ジャワの伝説
・ 後漢書では166年ローマ帝国(大秦国)のマルクス・アウレリウス帝が中国に象牙、犀角やタイマイを
 献じている。
 また、オケオ遺跡(旧カンボジャ領)からローマ金貨が出土している(ホーチミン・ヴェトナム歴史博物館収蔵)。
・ ジパング伝説の原型はイスラム商人が作り出した黄金島「ワクワク」伝説にある。
 また、船乗りシンドバッドが結んだユーラシアの海(南縁部)には定期航路が発達していた。
 「ワクワク」音地名はアフリカ大陸以外フィリピン、ジャワ、スマトラに多い。
・ 「ワクワク」が果たして日本や中国の古書に言う「倭国」か。

4.大航海時代の到来とコロンブスの新世界発見

 (1) 大航海の先駆者たち(君主、宣教師、征服者を除く)


・ ポルトガル・エンリケ航海王子(1394-1460)
・ バルトロメウ・ディアシュ(1450頃-1500)    1488年 喜望峰到達
・ クリストファ−・コロンブス(1451-1506)     1492年 バハマ諸島到達
・ ヴァスコ・ダ・ガマ(1469-1524)          1498年 カリカット到達
・ マゼラン(1480?-1521)             1522年 ビクトリア号世界一周から帰還
・ 鄭和(1371-1434)

  (2)コロンブスの航海

・ 
ジェノヴァ生まれ、ジェノヴァにモニュメントがある。
・ 4回の航海に出る(第一次1492.8出航から第四次1504.11帰還まで)。
・ 第一次航海 1492.8.3 - 1493.3.15
  バロス - サンサルバドル(バハマ諸島) - キューバ - リスボン - バロス
  その後セビーリヤを経てバルセロナで両国王に帰国報告。
  バロス港は現在のアンダルシア州バロス・デ・ラ・フロンテーラで、西隣のウエルバ市に
  記念博物館がある。
・ 旗艦サンタマリア号(現地で座礁)など3隻、90人
・ 第二次ー第四次でジャマイカ、トリニダード、ベネズエラ、ホンジュラス、パナマに到達殖民。
  出帰港は大西洋・カディス湾のカディス、サンルーカル・デ・バラメダ(グアダルキビール川河口)の諸港

・ バルセロナ

 1888年 バルセロナ万博 コロンブスの塔・像(60m)
 1992年 (新世界発見500年記念) バルセロナオリンピック
 1993年 神戸市と姉妹都市提携調印
      サンタマリア号復元船はバルセロナからコロンブスの航路をたどりパナマ運河を経由して神戸
      へ。