論 説・ポエム 4
オオガフタバマツ 朝日新聞・化石・神戸白川峠地図
次頁へ

オオガフタバマツ(Piuns protodi phyla)

  現在の松は五つの葉と二つの葉の葉柄の種があるが、これは分化する以前の形態で新世代第三紀
一千万年前の化石だと推定される。1963年大賀吉祐によって神戸市白川峠東方の神戸層群中で
その球果群が発見された。
 この付近はメタスコイヤの化石が数多く見られる。なお白川峠東方の大池南東500mの地点で
北へ走る断層があり、この線上に傾斜する化石樹幹が数多く産出しており、
当時の地殻変動を物語っている。
 写真は当時の朝日新聞記事(昭和36年11年10日)と発見地の地図である。