論 説・ポエム 4..... 2011 04 瓦礫に立つ 大賀 二郎   論 説
次頁へ


それは一切を拒否した

        ―瓦礫に立つー

         大賀二郎


東日本大震災

震源(M9.0)
2011 3 11 14:46
宮古市東方海上200m
標高 38m 津波観測
被災者数4.4現在
死亡    12,157
安否不明 18,063
避難  160,351

   広大無辺の荒地に一束の白菊を捧げる

 4月1日神戸空港から1日1便であるが、被災地南部の中心、茨城空港まで直通便が
開通した。
 北茨城、福島方面にはここが活動の基点になる。軽四輪駆動車(ジープ)で、大洗町、
水戸市、ひたちなか市、いわき市を主に常磐自動車道を通行した。茨城市中では、倒壊、
浸水が殆ど見られなかった。
 
 時にリアス式海岸の漁村やリゾートに出て、屈曲の多い海岸線を走る。
 五浦海岸は昔からの風光明媚な別荘地帯で、松の老樹が岩上に枝を張っている。明治文化の
岡倉天心の居宅もあった。古風な門構えも、松籟の風情もそのままであった。
 だが岩上に立っているはずの文化財六角堂が忽然と消えていた。
 近隣に御殿風の料理旅館があるが、休業の張り紙が風に揺れていた。豪華な部屋は空洞に
なっていた。

 福島に入ると、更に様相が一変した。建築物の殆どが消えた。荒涼とした大地にただ
沈黙だけが広がっている。ここで何が起こったのか。想像すらできない。
 泥を被った鉄道線路が走っていて、その先に小さく工場施設のようなものが見える。
近くに寄ると、巨大な船舶が陸上で横転している。
 その間をくぐり抜けると、直立した船体、真っ赤な船腹が鮮烈だ。
更に自動車の一群が何層にも積み上がっている。巨大なエネルギーが荒れ廻ったことがわかる。遠目にアクアマリンフクシマの瀟洒な施設が見えるが、中は空洞で、助かった海獣たちは
各地の水族園に引き取られた。

   微笑を浮かべ 泥に呑まれる 大正雛

 内陸の住宅や村落は、殆どが無傷のように思えた。家屋の屋根も壁もいささかの狂いも
なかった。
 野菜もそのまま育っていた。たんぽぽなどの雑草も花を咲かしていた。ここに激震が、
また水が来た気配はどこにもなかった。縁先の陽だまりでは猫が何事もなく寝むっていた。

 峠を越え、トンネルを抜けると、漁村が見えてきた。その入口に縄が張ってあった。
様相が激変した。
 見渡す限り廃材の荒地であった。廃墟に一筋の道がつけられていた。どこにも家屋の
原形はなかった。
 紙になつた自動車。漁船やタンクローリまで運ばれてきていた。箪笥の片隅で雛人形の
瞳が開いていた。
 人影はなかった。
 巨大な何者かが通り過ぎた。それは一切を拒否した。

 福島原子力発電所の被害は甚大で放射能のため圏内にも立ち入ることはできないが、
東海村火力発電所の巨大な姿は見える。外面では損傷は見えない。
すべてが沈黙の世界である。
これからの電力文明はどうなるのか。

 車の走れる道中で、最後の一店になってでも、開いているところがある。どんと行こう。
 新鮮な大盛りの海鮮料理。今までこんな大きな切り身を食べたことがない。
放射能の含有が論議されているが、食べた。「持って行きねえ」。
 主は大きなキンメダイを差し出した。

 東北の広大な被害の実体はわからない。これからである。東北が沈めば日本も沈む。
日本が沈めば世界も沈む。かって敵対していた国々から手が差し伸べられた。
やっと共生に目覚めるときがきた。

 一切を失えば、もう失う何物もない。新しいエネルギーは、より強力に立ち上がる。
 歴史はそれを物語っている。東北の美しい山河はいささかの狂いもなく、そこに在る。
芹や水芭蕉、自然の原野はすでに萌え出ている。大地は巨大な蓄電盤。エネルギーは
やがて胎動を始めるだろう。
 東北を買え、野菜を買え、魚を買え。東北の祭りを買え。祭りは歓びばかりではない。
悲しみに打ち鳴らす大太鼓だってある。

 先日、仙台市の社会貢献学会から呼びかけがあった。広いネットで力と知恵を集めようと。
 生活・就労支援、廃棄物処理、住民記録・窓口、ノロウイルス・破傷風予防、風評対策、
ハザママップの作成など緊急課題が山積する。私は戦時下B29の空襲、二度の神戸大水害
そして阪神大震災を体験しているが、今地球構造の変化が始まったようにも思える。

 実妹が茨城に居住している。今のところ被害は軽微であるが、余震は間断なく続いている。
 親族の車でほんの一部であるが南部を廻った。4月11日夕刻、北茨城、福島地方で
震度5の局地地震があり、記録は中断している。
 今の体力では、もうスコップを持つことができない。
 将来、許されるならば白菊を携えて東北の奥の細道を辿りたい。

  廃墟の上に満天の星輝く 微動だにせず

五分。すべての運命を決する最後の刻である

提案1 非常時には、何人も常に呼び笛を携行すること。幼少、

要介護、老年期の人たちは平時でも常に呼び笛と認識票を持っている

ことが望まれる。国民運動として取り上げる。


提案2 中高層の建築物・施設等の占有者は、災害時、避難者の

ために空間を開放する。出入りを自由にしておくこと。

提案3 災害が予見される場合、官公庁、駅、工場等は警報

(サイレン)を発令する。

提案4 鎮魂と東北の繁栄を祈願して、かってない規模の東北

夏・秋祭を実行すること。

この項終了