1. 論 説・ポエム 4...... 2011 08 27 コモド諸島上陸記録  論文
次頁へ
  

コモド諸島上陸記録

 −コモドオオトカゲの現況と環境―

     大 賀 二 郎

Growth of the Komodo doragon and the

environments

      Jiro OOGA

はじめに

 インドネシア共和国領コモド諸島には,19世紀当時の大航海時代から巨大爬虫類のようなものが発見されていて恐竜の生き残りかも知れないとの説があった。現在では恐竜の類縁はなく,白亜紀にどこかの大陸から流れ着いた種が孤立した島で独自の進化を遂げたとする説が有力である。通称はコモドドラゴンと呼ばれるが,学名はコモドオオトカゲVaranus kodomoensis オオトカゲ科である。同諸島はサンゴ礁の広がる海洋生物の保護区でもあり,コモド国立公園としてユネスコ世界遺産に指定されている。今回同諸島を訪れた目的は同種のような大きな体が食資源の乏しいサバンナ性気候の島礁でどうして種を維持できたか,また現在の環境に関心があったからである。2011/08/27同諸島のうちリンチャ島とコモド島に上陸した。入域は管理機関の許可と指定レンジャーの同伴必要である。個人の行動は許されない。同種は人を襲うことはめったにないが,その能力はある。レンジャーは銃を所持しないが3mの二股の棒をもって,危機に対処する。 両島には簡易宿泊施設はあるがホテルはない。原則として滞在はできない。環境保全の視点からである。

 行程はつぎのとおりであった。08:00~09:10  空路デンバザールからフローレス島09:10~09:40 島内移動09:40~10:20 スピードボート リンチャ島へ10:20~11:00 リンチャ島 海辺の個体観察11:00~11:40 コモド島へ スピードボートで移動11:40~13:00  コモド島内トレッキング 個体観察13:20〜14:20 島内ピンクピーチ再上陸 グラスボトムボートでサンゴ礁観察14:20~15:20 フローレス島スピードボートで16:30~17:30 空路デンバザールに帰着

コモドオオトカゲ生息の現状

 世界でオオトカゲ(以下コモドオオトカゲをオオトカゲという)。が生息しているのは,コモド諸島に限定される。そのうちフローレス島とコモド島に併せて2,500頭が推定されている。最近の頭数の増減はない。種の生存は野生のまま維持されている。

飼育、餌ずけは一切しない。彼等の餌となるのは,島内で自然に還ったシカイノシシ,ノブタ,スイギュウなどである。何れも自力で餌にしている。リンチャ島には小規模の村があり,飼育しているニワトリが襲われることがあるが黙認しているという。オオトカゲはここの観光資源であるからである。大きな餌を襲うときの彼等の武器は強靭な尾で哺乳動物を足払いでなぎ倒し,強力な顎で噛み付く。唾液には腐敗菌がおり,スイギュウなどの犠牲はこれで弱るとされている。なお最近の研究で奥歯に微量だが,毒蛇の成分に近い猛毒があることが発見された。同島にはグリーンスネークと呼ぶ猛毒蛇がいる。オセアニアにいるのと同種である。オオトカゲは,視力・聴覚は弱いが,先が二枚に分かれた長い舌があり,動物の接近,餌の識別,環境の異変など感知できる能力がある。弱ったスイギュウを臭いで居場所を探し出し,集団で襲うことが常である。胃袋は大きく,食い溜めができる。更に変温動物でエネルギー消費が少ない。通常は高床コテッジの下など群れで仮眠していることが多い。人間との間で信頼関係ができているように思える。オオトカゲの犠牲となった動物の頭蓋骨が研究所の庭に並べられている。人間のものは今はない。なおオオトカゲの幼体の餌は鳥の卵,ネズミなどである。この段階で種が断絶することはない。

オオトカゲを殺傷することはどのような場合でも禁止され、厳重に保護されている。反対にオオトカゲが人間を襲うことはアクシデント以外通常はないとされている。当日両島で観察できたオオトカゲの個体数は30頭程,大きなものは2m程であった。(これまで観察された大型個体は3m100kg)。 サバンナの草原を歩行しているものもあった。這うというものでなく,胴体を上げて尾を伸ばし四足で歩く。

勿論相当の速さで走れるし,木漏れ日の下では存在がわからない。空腹時は危険。

コモド諸島の環境

東経120°南緯10°付近に位置する諸島はオーストリアに近く,サバンナ気候である。殆どが不毛の草原で山間部は潅木帯でその中に高木が点在する。岩石の山もある。海岸はマングローブに囲まれている。動植物に乏しく、前述のように人間が持ち込んだ家畜が野生化して定着している。その生態系の頂点に立つのがオオトカゲである。家畜ではないが,カニクイザルの活動が海岸で目立っていた。疎林には着生蘭・羊歯やアナナスがよく繁殖していた。ここだけの固有種もある。

 反面,海中の珊瑚礁の成長は著しい。透明度は高く

グラスボトムボートで極彩色の魚の遊泳する海中森林の景観を窺がうことができる。スケープリング,ダイビングなどのレジャー施設がある。ピンクビーチは特異な現象でできた砂浜で、赤いサンゴ,白いサンゴが粉末となり,混ざり合ってピンク色の砂浜を形成している。

   

おわりに

 コモド諸島を含む小スンダ列島は,太平洋とインド洋の接点に位置する。この狭い海峡を両洋の海流が流れる。近年インド洋の海流が太平洋に流れる力が強く、青いインド洋が少し汚染した太平洋に流れ込み,分離帯が識別できる。当然のことながら波が荒い。小規模の船舶の航行は困難になった。海賊の出没が少なくなったという。

 スマトラ島からティモール島に到る大スンダ列島はもともと火山が多いが,最近その活動が盛んになっている。先のスマトラ地震から最近はメラビ山が活動しており,ボロブドール遺跡とその周辺村落が降灰被害を受けている。

コモド諸島は火山列島の中に位置する。非常の場合の種の絶滅を防ぐため,種を維持できる個体数を安全な大陸に移住させてはどうだろうか。例えばオーストラリア大陸は比較的近く,環境も似ている。