秘境情報 5
2006.06 恐竜と会う カナディアンロッキー
次頁へ
 
   ここはバッドランド、恐竜たちの墓場、累々と骨が眠る。 荒涼とした火星の風景だ。
ぼくたちは、奈落の谷へ四輪駆動車で一気に下る。台地の上はみぞれのちらつく亜寒帯
だ ったが、谷の下の大峡谷は亜熱帯。岩間にはシャボテンの群落。
 急いでハンソデ姿に衣更え。
 そしてテントを張って探検気分になつた。さあ、ビールで乾杯と思ったら−
 一服したら出発よ。レディースザウルスの一声。彼女は 化石探検のリーダー。
 豊かな胸には厳めしい環境指導員の 紋章。大きな膝小僧はカナダ産ロッグのように
たくましい。 しかし顔だけは縞リスの目をした可愛いいお嬢さんだ。
よく通る美声で、恐竜絶滅のそれは恐ろしい話をする。

  皆さんの足許には、大きな骨たちが横たわっています。恐竜トリテラプレスです。
そこのタイヤのような輪は肋骨。 ボートのオールのようなものは腕の骨。わたしの
脚のよう に太いね。

  ちょっと、そこの岩間に行っては駄目よ 、ガラガラヘビがトグロを巻いています。
 ちょつと、そこの石をめくっては駄目よ サソリが毒針を振り上げてきます。
 
 それでも僕は楽しい。恐竜の谷に子供の頃のぼくが遊んでいる。 恐竜の谷では、蚊も
ビッグサイズ。
 奴に刺されながら、ぼくたちはサンドイッチを食べている。
 夜はどこかでフクロウが吠えるように鳴く。 満天の星たちはテントの上までやってきて、
宇宙の言葉で囁く。

 2  カナデアンロッキーには神々が住んでいる。悪魔たちも 棲んでいる。黒い森もあれば、
 天上の花園もある。霧の 立ち込めるレークルイズ、氷河湖モレーンレーク。
 巨大 な青い宝石が獣のように眠つている。 針葉樹の枝には黒いサルオガセ。
 
 現住民は魔女の髪だと 忌み嫌う。森林のどこかに マウンテンキャツトの瞳がじ っと
息を止めている。
 岩湯の穴のコヨーテは、ぼくたちの 歩くのを見ていないが、感じている。  
 湖を廻る林間に キバナアツモリソウのイエロー  インデアンペイントブラシのレッド  
ロックジャスミンの ホワイト、みんな小さいが、それぞれにお化粧して、森の唄を
うた っている。
 ぼくたちは、植物ハンドブックとルーペを片手に、童話の 世界を覗いている。

  3  ボインジャーカヌーで、ロツキ−の渓谷ポー河を下る。 雪解けの水は荒く冷たい。
 死んでも文句を言いません。誓約書を書かされ、救命具を着せられて、いざ出発。 
 両岸に 聳え立つ氷河の岩壁。荘厳で心が引き締まる。
 こんなところにゴミ捨て場があるではないですか。あれはビーバーの 巣なんですよ。
 姿は見えないし、わたしも見たことがありません。が、いるのです。リーダーは言う。
 渦巻きに巻かれ、急流でびしょ濡れになつて。

  やれやれ着きましたよ。ここはアスペンの林です。このあたり、湿原もある山草の宝庫です。
 触れたらいけません。 見るだけ。いま咲いているのもわずかに二、三日だけ。
 幻の花をつけて消えるのです。川底に泉の湊き出るところがあつた。引込まれるように
きれい。
 冷水の岩の下に氷河期の幻の生物が棲む。説明板 にヨコエビのような奇怪な姿が画かれて
いた。
 
 何人も取る ことができないし、見ることもできない。ここに存在することは確か。
 遠くに見える氷河にも、誰も見たことのない 幻の微細な昆虫がいる。ロッキーには、
目や耳で認識できない生物がいる。出会いがなくとも、その環境に密かに棲んでいる。
 それだけで十分。
 心でその存在だけを知ればよい。わたしたちはそのような気持ちで自然のなかにいます。
 案内の環境指導員は言う。

  4  紺碧の湖面にフィールド山とワプタ山の雪嶺が仲良く影を落す。
ここはエメラルドレーク。
 孤独な地質学者ワルコ ットは、目的もなく二つの嶺の間をさまよっていた。誰も
入ったことのない迷界である。
 岩盤の崩れたところに化石片が覗いていた。無造作に、疲れ切った手をやった。とても
貧弱なみすぼらしい断片であつた。採集に値するものではなかったが、日頃の惰性で
拾い集めて仕事場に持ち帰った。

  これは何ということだ。小さいがみな化け物のような姿をしている。その輪郭がおぼろげに
浮かんできた。
 カメラの絞りのような輪状のロ、ドアのノッブのように突出する複眼、口から象の鼻の
ように伸びる腕、奇想天外な生物群が想像された。長い研究成果は、復原図を添えて学会に
報告された。
 冗談にも程がある、会湯は爆笑の渦が巻いたという。彼の研究は実ることなく、失意の
うちに世を去った。
 この非地球的な生物群は、五億七千万年前の先カンブリ ア紀に突然姿を現し、ひととき
幻影のように栄え、そして、ある時期に謎を残したまま、静かに絶滅した。どの種も後世に
子孫を残すことはなかつた。神の造った試作品、遊び玩具。生物進化の不良品、欠陥品。
  化石のゴミ捨て場である。まさに漫画の生物。当時はそんな評価でかたずけられていた。
 しかし、そこに進化の試行錯誤の集積が込められているのに気付き始めたのは近世に
なつてからである。 各分野から研究がなされ、このみすぼらしい化石群から予想もできない
新事実が続々と解明された。フィールド山頂での、ある日の化石拾いが、後世、
パージエス頁岩動物群化石として世紀の大発見となつた。(終)