秘境情報 5
コモドドラゴン(リンチャ島・コモド島)

コモドドラゴン

   大航海時代 黄金の国ジパングを求めて ヨーロッパの冒険家や一獲千金の強欲の

人たちが帆船で遥々喜望峰を廻って未知の旅に出た。求道者や学者もいた。珍しい動植物や果物・食資源、鉱物を次々と発見した。予想もしない世界も発見した。巨人・小人の島、

一つ目・一本脚の怪人島、幽霊島、キングコングの島、大海蛇・海坊主の海。それから牛を襲う巨大トカゲの島。どれもこれも大ボラであったが、ひとつだけ本当の話があった。

巨大トカゲの島である。3mに達し、水牛を襲って食う。スンダ列島のコモド諸島にコモドドラゴンがいた。今もいる。世界の大きな話はまず空想の創り話である。この中に本当の話があったということが、本当に不思議である。 今回その島に行き、10頭あまりのドラゴンに会ってきた。写真も撮ってきた。なお付近の島々には2000頭あまりいて、水牛、猪鹿などを食っているという。