経 歴 ・著 作 7////////大賀二郎の 新版紹介
森羅万象の館出版第二弾 生物曼荼羅
2005年4月、神戸新聞総合出版センターから発行されました。
 時空を漂いながら、曼荼羅の絵のように輪廻転生を繰り返す
生命。
 多彩に絢爛と、また誰にも知られずひっそりと生きる生物の
実相に迫る。

 
 目玉の博物誌、空飛ぶクラゲ、天空に咲くブルーポピー、温泉生物、
幻のシーラカンス、楼閣の美女、南極半島の噴火湾など生き物たちの
記録です。構成はつぎのとおりです.

  
1 落穂拾い生物記(秘められた種と生態)
  
2 生物いまはむかし(亡び行く生物の物語)
  
3 最果ての生物記(極限に生きる)
  
4 生物つれつれ草(ひとくち生物記)
  
5 生物ノアの箱舟(漂う生物)

 自然の姿や営みは、見えるものだけでなく、見えないものもある.
 見えないもののなかにこそ、本当に見えるものがある.

 万物は、それぞれ故あって存在している.
 万物は、それぞれどこかで繋がっている.

 花は陽光の野で咲くとはかぎらない.滝しぶきに打たれて、咲くものだってある.
 洞窟のかぼそい光の中で、咲くものだってある.
 巨木のはるかな枝先に着生して、咲<ものだってある.
 そして、ラクダの糞の中で咲くものだってある.

 姿、形、色彩は、みんな異なってもそれぞれの場所で最高の花を咲かせる